▲TOP  > 資料室  > 運動機能測定室 P1 > P2> P3

特集 : 潜入!日本競輪学校 運動機能総合測定室 part1

Q. 運動機能測定室の活動・サポート内容についてもう少し詳しく教えてください。

 「サポートの内容をまとめると次のようになります。

日本競輪学校 運動機能総合測定室 活動・サポート内容

1)体力・スキル測定

基礎体力測定

A)形態:身長、体重、体脂肪率、胸囲、大臀囲、大腿囲、下腿囲

B)機能:握力、背筋力、垂直跳、立位体前屈、立幅跳、サイドステップほか

能力測定

A)30秒測定:最高速度、ピークパワー、総仕事量、平均パワー、ペダル踏力ほか

B)ペダリング効率測定:有効クランク踏力、ブレーキ踏力ほか

酸素測定

A)有酸素パワー測定:最大酸素摂取量、換気閾値ほか

B)無酸素パワー測定:最大酸素負債量、非乳酸性酸素負債量、乳酸性酸素負債量ほか

2)フォーム解析

23次元動作解析装置を用いたフレームセッティング、フォームチェックほか

3)トレーニングサポート

日本競輪学校トレーニングスケジュール・トレーニングメニュー作成(年間、期間、週間)

トレーニング強度管理:パワー出力・ケイデンス・走行速度測定、ハートレート測定

ペダリングスキル矯正:ペダル効率フィードバックトレーニング

トレーニング中の動作解析

4)最新のトレーニング方法・機材の検証、開発

新しいトレーニング種目の開発・検証

新しいトレーニング用エルゴメータの検証・開発など

トレーニング用ギヤの効果検証など

5) 自転車に関する企業大学共同研究。

Q. 体力測定の項目にある基礎体力測定は我々にも馴染みのあるものですが、能力測定と酸素測定はどのような測定なのですか?

この測定は、特殊な測定装置を使って自転車競技選手に必要な専門的な体力を測定します。それではその特殊な測定装置をご紹介しましょう。


日本競輪学校 運動機能測定室