▲TOP  > 資料室  > 運動機能測定室 P1 P2 P3 P4 P5 P6

特集 : 潜入!日本競輪学校 運動機能総合測定室 part1
 あなたは日本競輪学校内にあるラボをご存じだろうか。その名は「運動機能総合測定室」。知る人知る自転車の研究施設。ここではいったいどのような研究が行われているのか?。今回われわれは、このラボを調査するため日本競輪学校に潜入取材を試みた。   
                                レポート:CS-net管理者 
取材協力:日本競輪学校 トレーニング主任 兼 運動機能測定室主任 田畑昭秀

 日本競輪学校(静岡県伊豆市)の校内でもっとも富士山がきれいに見える場所にその運動機能測定室がある(写真リンク:測定室からの富士山)。運動機能総合測定室の田畑氏に校内を案内していただきながら話を伺った。  

Q. 運動機能総合測定室って何をするところ?

運動機能測定室は、自転車競技選手のトレーニング、競技力向上を科学的見地からサポートしています。日本競輪学校の生徒だけでなくプロの競輪選手、トラック・ロード・MTBBMXのナショナルチーム、コンチネンタルサイクリングセンターのトレーニングキャンプに参加する海外選手、サイクルスポーツクラブ会員などが利用しています。

主な活動・サポート内容は、

  •  体力・スキル測定
  •  フォーム解析
  •  トレーニングサポート
  •  最新トレーニング方法・機材の検証、開発
  •  企業大学との自転車に関する共同研究

などです。

それでは施設を見学しながらもう少し詳しくお話を伺っていきましょう。

日本競輪学校 運動機能測定室